本藍マスクページはコチラ

新作紹介

2021年7月19日

麻綿混素材の2型です。

オープンシャツ 板締め板ずらし。
微妙なグラデーションと、抽象的な不均等な柄で夏感を出したつもりです。

長袖シャツ 本藍濃色無地。
麻素材独特の本藍染めの色合いです。
綿100%の素材とは違うこの色は、本藍染めが好きな人には響いてしまいます。

この麻綿素材の縫製は、特別に丁寧な物にしております。
長い期間の着用耐え、風合いと経年の変化を楽しんでいただきたいと思っております。

 

 

 

新作紹介

2021年6月26日
10ボタンスタンドヘンリー ランダムストライプ。
板締めです。少し滲ませたり、ずらしたりした抽象的な柄。
今回、本藍の箇所を凄く濃く染めて、メリハリのある感じに仕上げました。
インパクトあるのに爽やかなのは、本藍ならではの特徴です。
これこそ、1枚1枚柄が違う1点もの。
是非、実物をご覧ください。

新作紹介

2021年6月23日

3ボタンヘンリー白地ベース斜め縫い絞り。

お待たせしました、今季の白ベースです。
前身と後身の柄の雰囲気を変えた所が特徴です。

柄の部分が滲んだ様になってますが、無くなっていきます。「あく」なんです。
気温が上がるこの時期、染め液のpHアルカリを高くします。真空館の商品は厚地の物が多く、それをしっかり濃く染める為と、気温の影響でpHの下りを抑える為です。
pHが高いと「あく」が、こんな感じに。
以前に「このままが良い」と言われるマニアックなお客様が居られ、非常に難しい事をご説明しました。その上で、柄の周りだけを薄く染めると言う、高難度の別注をお受けした事がありました。思い出します。

白字ベースは、手間は掛かりますがクールです。

 

新作紹介

2021年5月31日

10ボタンスタンドヘンリー 肩唐松絞り朱刺し。
ベースも画像より濃色に染めてます。
絞りの白地部分と、朱染めの長短で動き演出。更に、朱に刷毛目も入れました。
久しぶりに、真空館らしいインパクトのある一作。
着た時の印象が立体的になり、かなりgoodです。

以前に3ボタンで近いイメージの物を作りましたが、柄のバランスやテクニックは別物です。
実物に、ご期待ください。

 

新作紹介

2021年5月9日

レギュラークルー センター絞りボーダー。

ボーダー柄は真空館では珍しいですが、左右の袖から脇に掛けての濃淡がポイント。
癖がありながらも爽やかで、服を選ばず多くのアイテムに合わせやすい1作です。
リゾートでも良いですね。

実はこの絞り、そして左右の濃淡の色分け、かなりの手間と高い難易度なんです。

「東京ミッドタウンTHE COVER NIPPON 」


『東京ミッドタウンTHE COVER NIPPON』にて販売展示しております。
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリア3F E-0305
TEL:03-5413-0658 /FAX:03-5413-0659
google mapはコチラ
日本各地から集めたファブリックや家具、器、照明を中心に
made in Japanのモノを取り揃え、 新しい生活を提案するライフスタイルショップです。
素材、デザイン、しつらえ、モノづくり環境にこだわった日本製の品々は、必見です。
その中に2010年9月1日よりSinアイテムも展開しております。
ぜひ、お立ち寄りください。

<交通アクセス>

■地下鉄をご利用の場合
以下の最寄り駅より、東京ミッドタウンへお越しください。

都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口側から地下通路を経由し、8番出口より直結
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分
※ 日比谷線「六本木駅」より車椅子・ベビーカーにてお越しの場合、4a出口より地上からお越しください。
■バスをご利用の場合
以下の最寄りバス停より、東京ミッドタウンへお越しください。
都01折返「東京ミッドタウン前 」下車
都01・渋88・反96「六本木駅前」下車徒歩約2分
ちぃばす「六本木七丁目」、「檜町公園」下車徒歩約1分
■空港からのアクセス
羽田空港から利用できる公共交通機関
東京モノレール(羽田空港→JR浜松町駅) -乗換え- 都営大江戸線(大門駅→六本木駅)
京急エアポート快特(羽田空港→品川駅) -乗換え- JR山手線(品川駅→恵比寿駅) -乗換え- 東京メトロ日比谷線( 恵比寿駅→六本木駅)