【新着一覧】


新作紹介

2020年3月22日

スタンドカラーワークシャツ 青黒(本藍染め×本藍墨染め)。
大変な、制作困難の一作です。
青の本藍の部分を墨が染まらない様に、何度も隠しては解く工程の繰り返し。
厳しい作業ですが、完成すると達成感がこみ上げてきます
やっぱりカッコイイ。
シャツが少なくなっていたので、最後の長袖物として染めました。
境目の微妙なコントラストが、手染めならではの決め手。
もう、常連様はお解りだと思います。
今回も、少ししか染められてません。ご了承ください。

新作紹介

2020年3月14日

スタンドカラーワークシャツ バイアス柄。

実はコレ、板で挟んで柄を出す「板締め」と言う手法なんです。
古典的な板締めですが、真空館流。挟み方、止め方をアレンジしてます。
シャープは部分と、ボカした部分、このメリハリがポイントです。
左右の袖部で、紺色の面積の違いが、自分的に好みです。

もう少しで暖かくなります。軽めの羽織り物に是非‼️

新作紹介

2020年2月27日

スエットクルー ブロックチェック風。
ランダムな抽象的で、白と藍のコントラストが手染めならではの景色。
濃淡の表情が効いてます。

スエットパーカ ロウケツ。
こちらも抽象的な、ロウケツの温度の違いによる独特の色の変化が好みです。
これこそ、一作ごとに柄が違います。全てが一点物。お客様のサイズが、好みの柄であれば嬉です。

新作紹介

2020年2月24日

真空館 本藍染めスエット登場です。
まずは、本藍濃色染め無地から、クルーネックとパーカーの2型。

生地の開発に、納得のいく物が出来ず時間がかかりました。
お客様からは、ご要望のお声を多く頂戴しておりましが、ヘビーなだけの素材では家庭での洗濯で、縦伸びしてしまいます。濡れると重くなりますから。以前のスエットの事です。
自身は、吊り裏毛でフラットシーマ(4本針)縫製が、真空館らしいビンテージ風で好みですが、染めの段階で伸び、縫製糸が切れるなど真空館の制作には不向きでした。何度もチャレンジしたのですが、不向きです。濃色に何十回も染める事はできません。
糸のより回数や太さの調整、縫製での仕様や補強、変更を重ね、今回の形になりました。

自身作です。
長年、ヘビーに着てください。

今回の濃色は特に、画像より濃い藍です。

作務衣

2020年2月23日

品切れしてました作務衣、染め上げております。

それと、前シーズン再デビューさせましたカバーオールも、少しだけ染めてます。

もっと早期に染めて出したかっのですが、職人の肘の怪我の手術後ですので少し優しい目でお願いします。すみません。

明日は、待望の新作を登場させます。
乞うご期待。